国連コロンビア人権監視任務の一員の謎めいた死亡の捜査が要求される

言語

国連平和維持活動のボランティアの一人であるイタリア市民の死亡の後、「正義と真実」を要求している様々の人権団体の主張にナポリ市長も同意しました。ナポリ出身、33歳のマリオ・パシオラは7月15日に彼の住宅ですでに死んでいる状態で見つけられました。彼はサン・ビセンテ・デ・カグアンという南部コロンビアのジャングルの都市に住み、その地域では反乱者や麻薬密売者などが基地として利用していて危険な歴史があります。ルイージ・デ・マジストリス、ナポリの市長は「私たちは【パシオラの】家族の痛みに共感し、正義と真実を見つけることを請け合う」とAFPに伝えました。コロンビアの警官は、操作ジャーナリストでもあったパシオラが自殺したと立論するがパシオラの友達と家族はそれを疑います。アンナ・モッタ、パシオラの母はラ・レプバリカ新聞に「真実が欲しい。私の息子は恐れていた。国連平和維持活動のボランティアでもあり立派な旅人でもあった、彼が自分の命を終わらせる事は不可能だ。」と伝えました。モッタは彼が亡くなられる数日前から彼が目撃したことに対して心配していたと言いました。

 

マリオの幼馴染のルイージ・コルビーニョはガーディアンに彼をこう説明した:「彼は世界を改善することを望んでいて、それを現実にするための能力、経験、と態度を持っていた人であったのだ。誰かが彼の命を奪って、少なくともその真実は謝罪しなければならない」。

操作ジャーナリストクラウディア・ジュリエッタ・デゥケは水曜日にEl Espectador新聞で出版された亡くなられた友達のマリオへの手紙で彼をこう説明しました:「彼はいつも不条理に面して笑う態度を取る人であった」。デゥケは彼が自殺したという立論を疑いし、「君の自己愛は君が愛する友達から、家族から、故郷から離れた場所で自殺したという推理と矛盾する」と書いた。ナポリ市長と人権団体はパシオラの死の捜査を要求し、パシオラの死を未解決のまま終わった2016年エジプトで拷問され殺されたイタリアの大学院生ジュリオ・レジェ―ニの事件と比べた。イタリアの外務大臣ルイージ・デ・マイオは水曜に議会に事件の詳しい情報ははっきりしていないままで、事情を明確にするにはイタリアの当局が共有した検死解剖の実践であると述べました。「危険性が高い任務に携わっていたこの立派な人の事件の解決には外務省と私の事務所からは最大の協力を請け合います。」と彼は言いました。パシオラの友達は外務省が正常に正義を求めるように嘆願書を作成されました。パシオラは国連コロンビア人権監視任務の一員として、コロンビア政府とコロンビア社会主義革命軍(FARC)との間に2016年に結ばれた平和協定が守られていることを監視するためにコロンビアにいました。その平和協定は26万人が殺されて、700万人を非難させた、52年の内乱の歴史を終わらせたはずでありました。だが、平和協定の実施は完ぺきではなく、FARCの反体制派や、右翼準群組織や、組織犯罪のギャングなどの間の領土の争いが今でも続いています。パシオラの死が発見された同じ日に、元反乱軍であった人々の村が政府によって迫害された。これは政府協定の後村の11人が政府によって殺された後でもありました。欧州連合、外務と警備保障代表者、ナビラ・マスラリは木曜に欧州連合はこの事件の事情を感心していると言いました。「この事件の事実が明確になることは言うまでもなく重要であり、コロンビアの当局が正常な操作を行うことは不可欠である」とマスラリは言いました。

筆者:Joe Parkin Daniels and Angela Giuffrida 

情報源:the Guardian

出版日付:7月23日2020年

URL:https://www.theguardian.com/world/2020/jul/23/mario-paciolla-colombia-italian-un-volunteer-death

「記事」に戻る

circled-left.png
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now